category-スタッフおすすめのハーブレシピ,管理者よりご連絡

今年はハーブで♪新年を迎えるハーブお屠蘇

2018年12月25日

新年を迎える際に欠かせないお屠蘇。
お屠蘇は、1年間の邪気を払って一家の長寿や健康を願う伝統的な縁起物のお酒ですが、お屠蘇の味わいが苦手…という方も多いのではないでしょうか?
今回は、そんなお屠蘇をハーブで作るご提案♪
お好みのハーブを使って、美味しいハーブお屠蘇で新年を迎えませんか?

 

ハーブでお屠蘇づくり

 

お屠蘇は山椒や肉桂など5種類~10種類程度の薬草を日本酒や赤酒、本みりんなどに漬け込んで作られます。

屠蘇散といって、数種類の薬草がパックになったものがスーパーや薬局などで販売されていますよね。
年末に日本酒を購入すると屠蘇散がオマケでついてくることも。

 

でも、せっかくなら美味しいお屠蘇をハーブで手作りしてみませんか??

ハーブティーは熱湯でハーブの成分を抽出しますが、アルコールとハーブを合わせることで、熱湯よりも多くの成分を抽出することができます。

また、味わいはもちろん、色合いもお好みで作れるので、オリジナルのお屠蘇を楽しみたい方にピッタリ。

ハーブお屠蘇は、シングルハーブを数種類用意するだけで、簡単に作れます。
お酒にハーブを入れて、一晩置くだけ♪

 

来年のお正月はぜひオリジナルのハーブお屠蘇で新しい1年を迎えてください。

 

材料

シナモン 2本(手で割ったもの)
ジュニパーベリー ティースプーン1杯
カルダモン ティースプーン1杯
・ゆずピールまたはオレンジピール ティースプーン1杯
ジンジャー ティースプーン1杯
・清酒 350ml
・本みりん お好みで

 

 

作り方

①ハーブを用意します。
清酒はお好みのものをご用意ください。
※今回は美味しいと評判の「ふなぐち 菊水 一番しぼり」を使いました。

②材料を入れます。
シナモンは手で割って2等分し、それ以外のハーブと一緒にお茶パックに入れます。
それをお好みのガラス容器に入れましょう。

③パックが入ったガラス容器に、お酒を注ぎ入れます。

④このまま冷蔵庫に入れ、一晩置いたらできあがり♪

こちらのレシピで作ったお屠蘇。
少し辛口のスッキリした味わいに仕上がります。

お料理と一緒に、楽しみながら新しい1年に想いを馳せましょう♪

このブログについて

このブログはハーブ専門店、デザインウィズティーサロンのスタッフによるブログです。 ハーブのお役立ち情報をご紹介していきます。よろしくお願いします。


HP:http://shop-dwts.com/


もっと詳しく

Twitter でフォロー

instagramもやっています

PAGE TOP